ビジネスマンの教養やマインドを伝達・伝授します。 また、経済的自由、空間的自由、時間的自由を勝ち取るために 必要な情報を紹介します。

  ザ・情報ビジネスレビューのナビゲーター   トップページ > 起業日記/雑感  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルドマン講演議事録

2011 - 01/31 [Mon] - 12:58

セミナーの内容をシェアしますね。

レジュメがないので、メモと記憶に基づいて書きます。


◆竹中平蔵さんのビデオメッセージ: 15分 本人ダボス会議に出席中
2011年のキーワード「激流」。
これは、2012年に世界の国歌元首の交代が多く、その影響を受けるからとのこと。

世界の成長率見通し、平均4.4%
中国・インドで約半分を占め、エマージング国全体で3/4を占める。先進国は1/4。

日本について、今の社会不安に対し、政治がポピュリズムに走ると、効果の薄い財政出動が多くなり、
ますます社会不安につながるという悪循環になることを懸念している。

◆フェルドマンさんの講演について: 70分の講演

やはり、成長率に触れ、同様の報告と、インフレ率についてあわせて触れ、
中国、インドは以前インフレ率が高い。
中国は人民元の切り上げを速い段階で加速するのではないかとのこと。
エンゲル係数が高いため、食料品の高騰を抑えたいのでしょう。

アジアについて、一人当たりGDPを示し、中国、インドは成長率は高いが、
まだ、日本の34,116ドルに対し、中国5,970、インド2,780と大きな差がある。
この差を埋めるためには、相当な資金と技術が必要であり、
日本にとっては技術の面で特にプラス要因となるのでは。

日本については、悲観的な?(課題が多い)展望でした。
特に、①日銀のあり方に問題がある。高い独立性であるのに、結果責任が全くない。
だから積極的な動きはなく、年末にデフレが改善してないことが分かれば動く。それじゃダメだね。
アメリカのFRBは結果責任が高いので、バーナンキも会議ではビクビクもの?

②選挙制度の一票の格差が大きいこと(特に参議院)
都会と地方=若者と老人の関係。
高齢化で年金受給者はデフレを容認する。
選挙で受かるためには、
そのため、地方のボリュームが多いため、年金を下げる話ができない。
高齢者の過度な優遇をやめることができない。

今、議員内で参議院の改革案を出しているのでここを改革するとデフレが
収まる一助になるのかも。

③労働生産性について

実質生産額(y)=(y/L)×L(労働者数)
(GDP)

生活水準(y/p)=(y/L)×(L/p)  p=人口

人口構成から労働人口が減っていく。ならば生産効率を高めるしか
生活水準を高めることができない。

しかし、OECD平均のGDP5.2%、日本3.4%、差 1.8%
この差を埋めるのは、教育にお金を使いたい。
肥大している社会保障費から回すことは上記の選挙制度の理由などで
できないのが現実。

デフレ解消、成長力向上へは、人口問題、労働力問題、選挙制度、農業改革など
そうとうハードな問題が山積みだ。

為替相場については、円/ドルで92~3円にゆっくり円安に振れるだろうとの予測。

これは、米の経済がゆっくり回復するだろうとの相対的な動きでそうなるので、
米の動向次第ってことだね。主体性のない通貨だね、円ってのは。

TPPへの参加は、当然参加すべき。合わせて、農業政策(活性化、農地法改正、流通見なおし)
民主支持母体の労連が雇用のために推進へ動き始めたとのことで前に進む?

消費税の導入について、上げることの必要性は国民は理解している。
労働力向上(引退年齢引き上げ)と経済政策とセットでやななければならない。
でないと経済が萎縮する。

以上

システム構築というデカイ壁が。。乗りきれるか?

2011 - 01/29 [Sat] - 09:00

起業への進捗状況を整理してみる。

ビジネススキームは固まった。

会社の理念、あり方について自分の気持ちを整理し固まった。

システム構築について、現在調整中である。

ベンダーが求める金額とこちらが求める機能との乖離が大きい。
こちらの予算を伝え、出来る事と出来ない事を選別させている。

ベンダーと直接交渉できないのがもどかしい。

全部一体となっているパッケージがあれば一番いいと思っている。

会員管理機能、決済機能、メール一斉配信機能、ログ管理機能など、
I/Fさえ取れれば、それぞれ独立システムで寄せ集めでもいい。

パッケージ化されているシステムで親和性が高いものを選択すればいい。

全てを自前で作るのは、資金面で合わない。将来の改修リクスが高い。

ベンダーからすれば自前で作ったほうが利益が大きいせいだろうか、
システム屋の意地だか、このような発想は出てこない。

決済システムをいまどき個人で自前で作るか?理解出来ない。


理念に共感して、将来の可能性を見て、限界コストでやってもらいたいのが本心だ。
ベンチャーと仕事をするのだからリスクはつきものだ。
安全性と利益を考えるなら受けてくれなくて結構だ。
銀行が担保か連帯保証がなければ金を貸さないようなものだ。本物のBankerじゃない。

利益がでたら、当然に利益を仕事の発注という形で還元する。
仕事はwin-winが原則だ。

本気で取り組む覚悟があるのか、ないのか?それが重要なのだ。

その息遣いが間接的に報告を受けるだけでは分からない。
むしろ、目がお金になっているように思えて、ベンダーが憎たらしく思える。

仕事は誰と組むかが重要なポイントである。
覚悟がなければ、どんなに実績がある会社であっても付き合うことはしない。


ベンダーからの最終提示が数日内に出る予定だ。

成功=「企画・構想・理念」×「システム構築」×「マーケティング戦略・分析」

このベンダーの強みは「マーケティング戦略」が出来る点だ。

NGの時、二つの要素が消える。

それぞれ、強みのある業者を捕まえなくてはならない。時間が惜しいのだ。

有機的に業者達があたかも一体の組織であるように連動・連携しなければ、
最大限のパフォーマンスが引き出せない。

この連携を支えることに腐心しなければならないのも見えないコストだ。

ただ、それぞれがハイレベルであれば、それほど問題はないだろう。
むしろ、もっと強力になるかもしれない。シナジー効果を期待する。(楽観的かな)

何かを失えば、何かを得る。もう学習済、経験済だ。

あと数日、結果を待つとしよう。果報は寝て待てという。

ネット集客の動画セミナーを見ている。基礎として頭に叩き込む

2011 - 01/25 [Tue] - 15:17

小谷川拳次とうネットマーケティングの専門をご存知だろうか?

彼の無料14日間の動画セミナーを見ている。
一話15分という時間もちょうどよい。話も簡潔で聴きやす。

ネットでの集客方法という、ビジネスをしている者であれば関心のない人間はいないであろう。

ある程度、自分で情報収集したり、知識を吸収したりしている人にとっては、既知の内容であろう。

だが、知っているのとやっているのとでは大きな違いであり、成果が伴っているかどうかを加えれば,
もう聞く必要はないと言い切れる人は少数であるに違いない。

もう一度、体系的に理解して、よく自分のビジネスでの展開を考え、実践を地道に行っていこう。

特に、facebookに感心のある人は、彼にフォーカスしておくとよいかもしれない。
この無料動画では、簡単な紹介に留めているが、ビジネスでの活用方法について研究してるのは間違いない。

この世界によくある成り上がりでなく、高い見識を持ってビジネスを展開されているまさに専門家だ。

資金面で余裕があれば、是非アドバイスを頂きたい専門家の一人である。

まだ、7日分の半分であるが、残りの7日分のセミナーが楽しみだ。

右サイドバーのリンクより彼のアメブロを見ることができるので、興味のある方にはオススメする。

自分より上である人に間接的でも触れることが、成功の近道である。
直接の関係を築ければ、もっと加速して成功することができる。


では、今日はこの辺で。

無職になった。そして私の行動とは・・・

2011 - 01/22 [Sat] - 23:00

ついに無職になった。会社を退職したのだ。

会社での地位と将来を捨て、未知の業界での起業を選んだ。

理由は、サラリーマンの限界を悟ったからであった。

自分の理想のマネジメント、戦略立案、組織運営。

それが出来る立場は、経営者だ。少なくとも取締役になる必要がある。

私のいた会社はオーナー会社でかなりの保守派である。
プロパーでその立場につくには、最短でお50歳であろう。

あと12年、待てない。待てるはずがない。

なぜなら、私には高い志があるから。

自分の理想の会社を作り、私が関わる人々の人生を豊かにしてあげたい。

まずは自分が、豊かにならなければ、人にそれを提供することはできない。

今、志のある人達、セルフイメージが高い人達との出会いを探している。

 「朱に交われば赤くなる」

自分が刺激を受けることも与えることもある。プラスのスパイラルを描いていく。

ビジネスプランは、まだまだ未熟で脆弱であり、これからテコ入れをしなければならない。

ある投信会社の役員もしている方をプロデューサーとして協力を頂いている。

資金面での脆弱さにより、リリース時点で理想の姿になるのは困難な状況だ。

しかし、小予算の中で、成功に導くのが真の経営者である。手腕が問われるのだ。

カッコつけずに、泥臭くやることも必要だ。志の前にプライドなど無き者に等しい。

そこまで自分を追い詰める必要がある。もう退路は絶っている、迷いは不毛なだけだ。

事前の準備をどれだけやったかで、リリース時の爆発力が変わる。

一つ一つタスクを明確にし、確実に高いレベルで達成させていくつもりだ。

今私がビジネスプランのテコ入れ以外に行っていることを書いておく。

①人脈の発掘・整理
②ライバル起業の分析
③法人化への準備事項の確認
④マーケティングに関する知識のインプット
⑤疲労回復・基礎体力向上(運動)

⑤の基礎体力について補足しておく。

自分でコントロールできるのは「思考」と「行動」である。
逆にできないのは、「感情」と「生理現象」である。

車に例えるなら、前輪と後輪の関係である。

「疲労」、「ストレス」が溜まると、思考がマイナスになり、
行動力が落ちる。

したがって、マッサージや運動をすることで快適な感情を
取り戻す必要があるのだ。

マイナスの感情につながるものは、極力遠ざけて、取り込まないことをオススメする。

では、今日はこの辺で。。


心理学からビジネスのライフサイクルに潜む罠を読む

2011 - 01/04 [Tue] - 21:06


成功者の物語は、ビジネスの光の面のみがフォーカスされていることばほとんどだ。

如何にして、成功へたどり着いたのかを描いている。

しかし、彼らのプライベートにおける苦悩や喜びにフォーカスした物語は少ない。

そこに、感心のある読者が少ないからだろうか。

販売に結び付けることが難しいからだろうか。

「成功者の告白」という本をご存知の方も多いと思う。

コンサルタントの神田昌典の著書だ。

おそらく、彼の名前を聞いての反応は、二つに分かれることだろう。

受け入れられるか、受け入れられないかのどちらかだ。

私は、最初は後者であった。意図的に彼の著書を避けていた。

それは、タイトルが煽るような薄っぺらさを感じさせるため、正直、胡散臭いと
思っていたのだ。

会社員の中では、あまり必要としない分野であったこともある。

だが、自分が起業するにあたり、様々な書籍にあたっている中で、彼の著書を
避けては通れないと思った。

私は、今後のマーケティングにおいて、重要視しなければならない要素であると
思っている。

だから、口コミに関する本を探していた。そして「口コミ伝染病」という本に行き着く。

著者が神田昌典であったため、ためらう気持ちがあったが、背に腹はかえられない。

読み始めると、それまでの偏見は一切なくなっていくことに驚きを隠せなかった。

貪るように読み、自分のビジネスについてもいくつものアイデアを生み出すことができた。

”スゴイ、何者なんだ、この人は” 何度この言葉を言ったことか。

そして、彼のファンになってしまったのだ。


さらに驚くことは、上記にしるした著書「成功者の告白」である。

これは、5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語である。


ここには、私が現在経験していることが、まるで見られているかのように書かれていた。

そして、これから起こるであろうことも。

これからのことは、予兆を私が感じていたため、警鐘として受け止めている。

なぜ、これほど正確に予測できるのであろうか?

それは、ビジネスのライフサイクルの各ステージ毎にパターンがあるという。

起業家が嵌るワナや壁、家庭における問題の噴出。

何全人もの起業家や経営者を見てきた著者のコンサルタントとしての経験と、
心理学の視点をもって分析した結果、パターンがあるという。

私は、ビジネスマンの経験と、書籍を通じて起業のアイデアもプロセスも考えられることは
全て考え抜いてやっている。
当然にオリジナリティを発揮することも求めている。

私は、パターンを重視してきた人間である。
仕事はパターンを知ることで、ある程度までは一気にレベルを上げることができる。

ビジネスのパターンはある程度見えるつもりでいたが、まさか、家庭に及ぶまでに
パターンがあるのだとは思いもよらなかった。


そして、心理学を切り口にしている点は素晴らしいと思う。


ビジネスと心理学は密接な関係がある。

しかし、実際に活用されているのは、セールスの購買心理程度ではないだろか。

人が複数集まる場所では、感情の波、感情の集合が生まれる。

組織運営においても、心理学はもっと活用されていい。

会社員時代にもっと深く掘り下げていればよかった。

今からでも遅くはない。

これから自分の会社と家庭で活用すればいい。


「成功者の告白」5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語。

本当に起業のノウハウを学べ、読み終えた時には確実にレベルが上がっている。


重要と思う分にはマーカーを引くが、引く箇所が多すぎて、マーカーの意味を成さない。

読み進むと、すぐに自分のビジネスに当てはめて考え始めてしまい、とても3時間ではとても読み終えない。


これだけ、感動を得た書籍に出会うのは久しぶりであり、思わず書きなぐってしまった。


※これは、宣伝ではないし、神田昌典の回し者でもないことは断っておく。


以上

« | HOME |  »

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

msjackybeans

Author:msjackybeans
ビジネスマンから起業家へ転身。
組織を離れることで、自分の本当の実力を知ることができる。
FXに関するビジネススキームを構築できるかが成功のカギだ。
ゼロからの立上げには、障害も多いが、やりがいもまた大きい。

カテゴリ

ランキング参加中!

リンク

検索フォーム

外注をお探しの方

売上アップツール

キーワードアドバイス
ツールプラス


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録


QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。